顔脱毛に美肌効果があるといわれているけど

顔の脱毛をすると黒ずみや毛穴がキレイになる

化粧をしている時に、どうしても嫌と思うことがありますね。その中でも、一番辛いのはなんといっても毛穴の黒ずみです。特にそれが目立つのは、鼻ではないでしょうか。黒ずんでいる鼻をなんとか隠したいと思って、ファンデーションで隠すことが多くなります。しかしせっかく隠したとしても、その化粧はすぐに落ちてしまうことも。そんなことになると、更に鼻の黒ずみが目立つことになります。そのため、根本的な黒ずみ対策を行うことが大切です。
そんな時、鼻の黒ずみの原因として産毛が目立っていることがあります。その産毛は、自分での処理ではなかなか取ることができません。それは、やっぱり専門のエステなどで行ってもらうことが一番なのです。その産毛をとることによりどんなメリットがあるのか知りたいですね。ここでは、そのエステで顔脱毛をすることのメリットについてご紹介します。

・黒ずみが目立たなくなる
エステで産毛の処理を行ってもらうことにより、黒ずみが目立たなくなります。よく脱毛をすると、肌が白くなったと思うことがありませんか?それは黒く見せていたムダ毛をなくすことができているからです。美白をするよりも、はるかに効果があります。

・汚れが取りやすくなる
洗顔をした時に、その洗顔方法を変えてもなんとなくくすんでいると思うことがあるでしょう。それは、毛穴の奥の汚れがキレイにとれていないことが原因です。そのムダ毛がなくなることで、とても透明感のある顔に仕上げることができます。

・化粧ノリがよくなる
顔の脱毛をすると、黒ずんでいた部位がキレイになるので化粧ノリが良くなります。その結果、鏡を見ることが楽しくなりますね。

 

毛穴が目立たなくなることで肌が綺麗に見えます。

そして毛穴のつまりによるニキビや汚れの詰まりなど肌のトラブルが起きにくくなります。そういったことでも肌の健康を保ち美しくさせる要素はあります。

脱毛直後の肌の状態で誤解してしまうことがあります。施術のあとは一時的に肌が乾燥して、毛穴が開いています。脱毛するとそういった肌に変化するわけはなく、一時的な乾燥によるものです。

脱毛が進み、毛が細くなるにつれて毛穴も目立たなくなっていきます。

 

顔の脱毛をするとニキビができる?

脱毛でニキビのようなものができることがあります。そっくりですが、毛嚢炎(もうのうえん)といってニキビではありません。
毛穴にばい菌が入って炎症を起こしている状態です。痛みはなく、1週間ほどの放置で自然に治ります。毛が太い、皮脂が多い箇所でよく発症し、顔にもできることがあります。
 
 
顔脱毛とシミの関係
 
顔脱毛でシミができたり、シミが消えることはありません。
シミができる原因と脱毛の光との関連がないからです。
 
シミができる過程
シミは、紫外線から肌を守るためにメラニンが作られ、それが肌に沈着することでできます。基本的にメラニンはターンオーバーでアカとなって排出され沈着しませんが、肌のターンオーバーがきちんとできていないことで肌に沈着してシミとなります。肌の活動の問題なんです。
 
脱毛はシミの生成過程と関連がない
シミは、長時間か強い紫外線でメラニン生成を活発化させることと+ターンオーバーがうまくいかない状態で生成されます。脱毛の後にシミができたから脱毛が原因ではないかと思い込むかもしれませんが、脱毛の光は紫外線ではないため、シミの元のメラニンが作られないからです。
 
顔脱毛の美顔効果は毛が無くなっていくことで毛穴もしまり、毛穴から始まる肌のトラブルを減少させるようです。
脱毛の際に雑菌が入った場合、ニキビに似た毛嚢炎ができることがあり、1週間ほどで自然に治るものです。
脱毛とシミとは関連性がありません。
 

顔の肌の安全のために

女性の方で顔の脱毛をやってみたいと思ってる人も多いかと思います。
ですが安易に自宅で自己処理をやるべきではないです。

確かに顔の脱毛をやる時に自宅でやればそれだけ安い費用できるというのがあります。ですがそれだとかなりリスクあるのでそこは注意しないといけないです。

では実際に顔の脱毛をやる時にリスクを最小限にして安全にやるにはどうしたら良いかというと一番良いのは美容外科に行って施術してもらうのが良いです。

そうすれば顔の皮膚に大きなダメージを受けないで済みます。
なので顔の脱毛をやろうと思った時には多少費用が必要になりますがその表を惜しまずに
すぐに美容外科に行った方が良いです。

では実際に自宅で顔の脱毛をやる時はどういうリスクがあるかというと
最悪の場合は顔の皮膚に大きな穴ができてしまって治らない事もあります。

そういう事を避けるためにも自己処理やシェービングの際には特に注意しないといけないです。
ただ中には自宅で顔のお手入れをするにしてもそれなりに良い家庭用脱毛器をやれば大丈夫と思う人もいるかと思います。

ですがその場合でも必ずしもそれで大丈夫とは言えないです。
なぜなら家庭用脱毛器を使っても直接顔の毛を抜くタイプの機器だと
かなり肌にダメージがあるからです。

なので顔は特にデリケートな箇所になるので綺麗に処理して
肌も傷めたくないと思うなら美容外科に行って医療脱毛の施術を受けるのがベストですそうすれば肌にほぼダメージを与えずなくて済みますから。

ダメージというと大げさに聞こえますが、いわゆる肌の乾燥です。
肌に負担がかかるのは脱毛直後です。

院で売られている保湿クリームなどこの機会に利用を始めてみてください。

スキンケアは毎日欠かさずです。

顔脱毛を始めた方はこれまで以上にスキンケアが大事になります。肌の状態が悪いと脱毛できないこともありますから。人によって肌質が違いますから何が合うのか常に迷い試してみることの繰り返しで自分に合うスキンケア方法にたどり着きます。ここではいろんな方の顔のスキンケア方法を紹介しています。

ひどい乾燥肌の私は毎日カサつく肌に困っていました。
ですが自分のお肌にかけられる時間もお金も限られていて、諦めていました。
そんなとき、プチプラなシートパックに出会い使い始めたところ、乾燥肌がすぐに改善されました。
そのプチプラなシートパックは、50枚入って1080円です。毎日使っても1カ月以上もちます。以前はシートパックを買っても、2,3日に1回お風呂上がりに使っていましたが、このお値段なら毎日使えると思い、早速購入し毎日使いました。
お風呂上がりに使うのももちろんいいのですが、シートパックは朝のメイク前に使うのが効果的だと教えてもらい、毎朝メイク前に使うようになりました。すると、化粧のりが格段に良くなったんです︎メイク前に使うのが効果的だという理由がわかります。以前はあまりの乾燥肌で、メイクしてもすぐにカサついていたのですが、シートパックをしてからメイクすると夕方までメイクが崩れることはありません。

私はそれ以降、プチプラなものを毎日使う方法にかえました。
お高いものを2,3日に1回使うよりも、プチプラなものを毎日使う方が効果が高いことに気付いたんです。
1つ1つの化粧品の値段をおさえることで、今まで買えなかった美白化粧品を使うこともできるようになり、ケアする幅が広がりました。
プチプラ化粧品を使い始めて1年くらいになりますが、冬も乾燥を気にせずに過ごせました。やはりお肌は毎日のケアが大切ですね。特に乾燥肌は毎日の保湿が欠かせません。乾燥がひどくなると、保湿しても水分が肌に入っていかないんです。ですから毎朝のシートパックは本当におススメです。
時間やお金に限りのあるママさんも、諦めずにキレイなお肌を手に入れましょう︎

若い頃は、肌の悩みはなかったし、それほど気を使っていませんでした。子育て中も日焼け止めも塗らずの毎日でした。(時間ないのと、子供が待ってくれない)イクメンパパが増えて若いお母さんもお手入れに時間が作れる時代になったのは喜ばしいことです。
現在、ファンデーションを使わない素肌になるモイスティーヌを使ってます。
以前はシミやくすみを隠すアイテムばかりを追っていましたが、年齢的に諦めていた素肌も少しずつ改善しています。特にハリに関しては、触り心地も見た目も変わってきました。シミはまだ効果は実感はありませんが、日焼け止を塗るのを面倒がらず、予防とこれ以上増やさない努力をしてます。素肌が健康だと体調も精神的にも前向きに明るくなれるので継続して使用する予定です。ネットワーク販売ではないので安心です。
擦らない、素肌に優しいスキンケア方法が気に入ってます。
1年前より通常のメイククレンジング、洗顔石鹸、化粧水、乳液、日焼け止を使用してます。脂性肌と乾燥肌の混合タイプで、ファンデーションにムラができるのはとても嫌で、とくに不潔そうに見えるのが嫌でした。今は、ファンデーションを使わないので脂っぽいと感じるところだけあぶらとり紙などで処理すれば良いです。健康食品やサプリメントは購入してません。グルテンフリーの生活を勧められたので緩く実行中です。
使い始めにきっかけは、お友達の肌が綺麗だったので使っている化粧品を聞いたところ、モイスティーヌさんでした。ファンデーションを塗っていない事の衝撃もありましたし、ツヤ、ハリが同じ年代なのに全く違いました。ショックでもありましたが、そこは、素直に教えて!と言えました。定期的にお手入れのチェックやセミナーを開催してくれるので、ちょっといい加減なお手入れの仕方になってると気が付けます。

20代の頃は、ニキビの他にも顔が赤らんだり痒くなったりで、スキンケアにはとても苦労しました。ドラッグストアなどで相談しては、あれこれ化粧品を試したり、たっぷりクリームを塗ったりと化粧品まかせのスキンケアに終始していました。
ただ化粧品を塗りたくるスキンケアでは全く効果は出ず、顔の痒みや乾燥は酷くなるばかり。そこで、一度ぱったりと化粧品を使うことを止め、ぬるま湯での洗顔だけにしてみました。肌を休ませたことが良かったのか、まず顔の痒みがなくなり、徐々にニキビや乾燥による粉吹きが治まってきました。
この経験から、乾燥肌とはいえ何かを塗りたくるのは肌に良くないんだなと学びました。とはいえ洗顔だけでは完全に乾燥を防ぐことは出来ないため、化粧水と乳液だけを薄く塗るようにしていました。その後、量も少なく、肌への刺激を減らすために辿り着いたのが、オールインワンジェルです。時短効果もあって、以前はストレスに感じていたスキンケアがぐっと楽になりました。
いくつか試してみて、一番自分の肌に合ったのが、ラフィネパーフェクトワンでした。他の物も決して悪いわけではなかったのですが、これが一番肌にスッと馴染み、潤いと透明感が出るような気がしたのです。使い心地としては最高でしたが、ネックになるのはやはりお値段。そのため、3年程前から肌荒れが気になる時だけ使うようにして、他の期間は別のオールインワンジェルや化粧水を使っています。
他に気をつけているのが食事です。これまでの経験から、菓子パンやお菓子を食べるとすぐにニキビが出てくるので、甘いものは控えるようにしています。外食で味の濃い物を食べても肌の調子がおかしくなってくるので、普段は味付けを控えた和食を自炊するようにしています。

美顔のための脱毛でないとね

顔の脱毛期間中も顔のムダ毛のお手入れは欠かせません。

肌をいたわる処理方法と肌の保湿についていろんな方の意見を取り入れてみました。

女性の顔に生える毛を処理する為時に毛抜きで毛を抜いてしまうと毛穴の腫れを引き起こし顔の肌が炎症を起こしてしまいます。
 
顔に炎症が起こることで顔の毛穴が広がり、毛穴の角栓酸化が起こり、毛穴の広がりが大きくなることで外部からのごみが毛穴に溜まりやすくなります。
 
顔に炎症が起こると酷い炎症になると顔中に炎症が広がってしまいます。顔中に炎症が広がると最悪、顔にウィルスが入りさらに炎症が悪化する可能性もあります。
 
他にも顔の毛を抜くことにより、毛穴が広がり、広がった毛穴にごみが溜まることで毛穴から老廃物が排出されなくなると今度は毛穴に黒住が起こり、これが毛穴の色素沈着になる訳です。
 
この顔の黒ずみもやがてはシミとなり広がる恐れがあります。こうなってくると毛穴が塞がってしまってシミも広がりを見せているので顔の肌をレーザーで治療をしていく必要があります。
 
シミは毛穴の広がりが原因で広がりを見せる場合があります。そうならないためにも、顔に生える毛はフェイスシェイバーで剃るようにしましょう。
 
そもそも、顔に生える産毛や毛は顔を紫外線から守るために生えます。ですので、紫外線対策をしない限り産毛や毛は生え続けてきます。
 
なので、顔に紫外線を防ぐクリーム何度を塗って顔に降り注ぐ紫外線の量を減らしてやる必要があります。そうすることである程度、顔に産毛や毛が生える事を抑えることができます。
 
では、毛抜きを消毒して使えば問題ないのではと思う方もいるかもしれません。ですが、毛抜きで毛を抜く時、毛抜きを消毒していても毛を抜く時に毛を抜いた肌から出血が起こります。
 
この時にきちんとした処置をして毛穴に雑菌が入らないようにしても毛穴が広がるので雑菌は進入しやすくなります。
 
ですので毛抜きを消毒をしてるから安全というわけではありません。顔に生える毛は脱毛をお勧めします。